アイクリームの代わりにクリームを使っても良い?

MENU

アイクリームの代わりに高価なクリームを使おうと思っています

年齢肌の、39歳主婦です。

顔全体のたるみや小じわ等が目立ってきたので、何かいいスキンケアが無いかと探しています。

 

そこで、高価なクリームを購入しようと考えています。
顔だけじゃなく、目元も小じわやたるみが酷いのですが、別途にアイクリームを買うより、高価なクリームを付ける事で代用にならないかなと思っています。
アイクリームも高価なので、2つ一緒に買うのであれば、1個の高価な物と思いつきました。

 

名称的にはクリームなので、目元に塗っても効果を発揮してくれると思っています。
それは、間違っているでしょうか。

クリームとアイクリームとでは基本的に違う

 

クリームとアイクリームは、同じクリームという名称ですが、基本的に違います。

 

①根本的に違う部分は、蓋をする事と様々な作用を担っている所
1番違う部分は、一般的なクリームは保湿の蓋を担っているのに対し、アイクリームは蓋をする作用では無く、シワやたるみ・クマ等に響かせるクリームという所です。

 

②アイクリームは、油分が多い
目元は薄くデリケートなので、乾燥しやすいのが難点。そんな目元を、油分の多いアイクリームが守ってケアをしてくれます。

 

③目元用に作られたアイクリーム
アイクリームは目元に特化して作られているので、テクスチャー等目元に優しく作られています。

 

極めてアイクリームに似た性質のクリームであれば、代用も良いでしょう。
しかし、エイジングの目元の悩みを考えたら、一般的なクリームでは頼りないのではと言えるでしょう。
アイクリームの分類は美容液に属するので、ここだけを見てもクリームとは全く違うと言えるでしょう。

年齢肌にはアイクリームを

目元が徐々に衰えていく

年齢肌は、徐々に肌の力や筋肉が衰えてしまいます。シワやたるみを引き起こしやすい年齢なので、適したスキンケアをする事が大事となります。

 

目元は非常にデリケート

特に目元は皮膚が薄くデリケートなので、優しくケアしてくれるアイクリームを使う事で、若々しい元気な目元を作り上げると言えます。

 

高価な物じゃなくても、目元悩みに合ったアイクリームを

どうしても高価なアイクリームは良い、と思いがちかもしれません。しかし、きちんと効能や成分を確認して探すと、高価じゃないアイクリームも高価を発揮してくれます。大事なのは、目元の悩みに適したアイクリームを使う事です。

目元は綺麗で元気な方が美しい

目元は、とっても大事なアイテムです。
初対面の人とでも目を見て話しますし、プライベートでも1番相手が見るのは目元です。
その為、目元が衰えていると、相手に対する印象が大きく変わっていきます。
それだけ、目元は重要なのです。

 

年齢を増せば増すほど、目元のケアは重要となっていきます。
デリケートな部分なので、衰えが早いからです。
適した目元ケアをして、目元を元気に若々しく保ちましょう。
見た目年齢にも、大きく差が付いていきますよ。