アイクリームの種類と選び方

MENU

アイクリームの種類を知りたい

アイクリームを使い始めて、半年くらいです。

これで目元の悩みが解消される!と思って購入したのに、上手く効果が発揮されていないような気がします。
私の目元の悩みが、全く解消されていない気がします。

 

スキンケアは最低3か月使うべきと言われ、半年使ってきましたが全くです。
もしかしたら、アイクリームにも種類があるのでしょうか。

 

因みに、自分でネットで調べて流行り物のアイクリームを購入して使っています。
メディアでよく見かけるアイクリームなので、絶対目元の悩みが無くなると思って買ったのですが...

 

アイクリームにどんな種類があるのか、教えてほしいです。

アイクリームは、選び方を間違えると全く響かない

 

①アイクリームには種類がある
アイクリームは、1つで必ず全部の目元の悩みを解消してくれる訳ではありません。目元のトラブルに対して、大きく分けて3つのアイクリームの種類があると言えます。目元に悩みにより、全く使うアイクリームが違ってきますので、注意しましょう。

 

②総合的な目元悩みに効果を発揮というアイクリームも
目元の悩み全てを総合的にケアするというアイクリームもありますが、シワやくすみも全てとなると、大きな効果は期待できないと言えるでしょう。

 

③選び間違えると大きな損に
アイクリームは、プチプラから高価な物まで色々あります。高価な物を使い間違えると、とってもお財布に響いてしまいます。流行り物やメディアに多く出ているからという理由だけで選ばず、自分の目元の悩みにどう響くのかを考えて、選びましょう。

 

アイクリームの種類

アイクリームの種類は、大きく分けて3つあります。

 

たるみ

目元のたるみに効果を発揮してくれるアイクリームは、保湿成分がたっぷりなアイクリームです。たるみは、効果を感じるのに時間がかかると言われています。

 

小ジワ

小じわに効果を発揮する成分は、レチノール。アイクリームでは良く聞くこの成分は、浅めの小じわ等に効果があると言われています。根気よく、使ってみましょう。

 

むくみ・クマ

むくみやクマは、血行を促進してあげると改善に導く事が出来ます。炭酸等が入ったアイクリームが効果を発揮してくれます。

アイクリームは遅くても30歳までに

皆いつからアイクリーム使っているの?って思いますよね。
20代中盤から使われている方も居ますし、40代になってようやっと、という方もいらっしゃいます。

 

理想と言えるのが、30歳までには使うべき、という事です。
20代後半から、明らかな目元の変化に気付くはずですが、知らんぷりしている方も結構多いですよね。
でも、30歳前にはお肌の1回目の衰えに気付いてくるはずなので、そこで思い切って使い始めてみると良いでしょう。

 

使い始めてみたら、使っていなかった今迄に対して後悔しますよ。