目の下のくすみ

MENU

目元のくすみを解消するには?

目の下のくすみを改善するならコレをお勧めします!
「なぜ目もとはくすんでしまうのでしょうか?」

 

「くすみ」といっても、見え方の問題なので問題ない!・・・

 

そう考えられればいいけど、

 

「目の下が真っ黒」

 

なんて時は気になって仕方ないですよね?

 

今回は、その中で考えられる、目もとのくすみの原因2つをご紹介します。

 

古い角質がたまり、角質が厚くなっているタイプ。
血行不良で、血液がたまって肌がくもって見えるタイプ。

 

はじめにケアしなければいけないこと

 

目もとはもちろんですが、お肌のケアは保湿成分を配合した化粧品で行ってください。

 

乾燥すると角質が厚く・固くなり、お肌の調子が悪くなります。

 

今回は、目もとのくすみ対策なので、アイクリームの中でも特に保湿をケアできるものを使用しましょう。

 

例えば、アイキララは目元で少なくなってしまったコラーゲンをサポートできる「MGA」配合しているので、保湿力がアップして、明るい印象が生まれます。

目もとのくすみの原因2つを解消する方法

目の下のくすみを改善するならコレをお勧めします!
上記でご紹介した、目もとのくすみの原因2つを、どのように解消すればよいのか、ご紹介いたします。

 

古い角質がたまり、角質が厚くなっているタイプ。

 

お肌は乾燥すると古い角質が落ちないために、くすみが起きてしまいます。

 

保湿ケアが必要ですが、角質が厚くなってしまうと、なかなか普通の保湿ケアでは浸透しにくくなります。

 

そのため、専用のアイクリームを使って古い角質を取り去ってあげると、目もとのくすみを改善することが出来ます。

 

オススメはビタミンC誘導体配合のアイクリームでケアをすることです。

 

お肌がターンオーバーして、早いうちに肌が明るく見えるようになります。

 

ビタミンC誘導体配合のアイクリームはこちらをクリック

 

血行不良で、血液がたまって肌がくもって見えるタイプ。

 

血行不良になると、肌にグレーっぽい色が強く残ります。

 

これは気温が下がると、代謝が下がったり、血行が下がったりして、色素沈着を起こしてくすんでしまいます。

 

「朝メイクをしようと思ったら、顔色がどよーん」
何てこと、ありませんか?

 

こんな時におすすめしたいのが、アイマスクシートです。

 

シートを使うことで、肌を密着して、有効成分を肌内に押し込める効果があるのです。

 

シートにもいろいろな効果がありますが、目もとのくすみの原因である血行不良には特におすすめです。

 

血行不良の時でも、毎日の保湿(アイクリーム)も忘れずに行ってください。

目もとのくすみを改善する方法(まとめ)

いかがだったでしょうか?

 

目もとのくすみも、自分の原因がわかれば、対策方法がすぐに見つかります。
自分が出来る方法でキレイな目もとを目指してください♪

 

今回ご紹介した商品
アイキララ
目の下のくすみを改善するならコレをお勧めします!
詳細はこちらから

 

アイマスクシート
目の下のくすみを改善するならコレをお勧めします!
詳細はこちらから

年代別でアイクリームを探してみよう

20代のアイクリーム 30代のアイクリーム

詳細はコチラ >>

詳細はコチラ >>

40代のアイクリーム 50代のアイクリーム

詳細はコチラ >>

詳細はコチラ >>